読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RYULOG

龍太郎の雑記ブログ

ハマっ子がオススメする横浜のデートコース【みなとみらい編】

f:id:r9yu25:20161006113641j:plain

 

やぁ、ハマっ子龍太郎だ。

 

え、なに?

 

今度横浜のデートを考えているって?

 

それなら、きちんとデートプランは考えてあるのか?

 

 

なに?考えてない?

 

バッカモーン!!!

 

いいか、デートにおいて何よりも重要なのはプランだ。

 

計画性があるかどうか、これは女が男を見定める上でかなりのウェイトを占める指標と言っていい。

 

何も考えずにデートをすると、当日どこに行くか迷ってしまい、ぐだぐだになってしまった挙句、ダメ男の烙印が押されること必至だ。

 

しかも、横浜は無計画で行くことが何よりも恐ろしい場所だ。

 

特にクリスマスシーズンの横浜は尋常じゃないレベルで人がごった返しているからな。

 

そらもう戦場よ。

 

クリスマスシーズンに横浜に行こうとしている人たちに告ぐ。

 

「現地でフラフラ探しながら色々観光しよ!」

 

なんて悠長なことを言っているとマジで危険だから。

 

確かにクリスマスシーズンの横浜はとんでもないくらいの魔力を持っていて、そのロマンティックな雰囲気に飲まれて誕生するカップルが多いのだ。

 

ただ、勘違いしてはならない。

 

それは「きちんと計画を立てて戦場に乗り込む」ことが出来た男たちだけだ。

 

カルタゴの英雄、ハンニバル・バルカが5万の兵力で8万人のローマ軍に勝てたのは入念に戦術を計画していたからだ。

 

いいか?

 

例えば、「この地域は立ち寄るべき場所がここしかない!」と世間的に決まっているようなデートスポットならば、計画を練らずともそこを目指せばいいだけだ。

 

しかし、横浜という街は世に言うオススメデートスポットいくつも存在するので、無計画で乗り込むと

 

「あ、ここいいね」

 

「あ、あそこもいいかも」

 

なんてやっているとあっという間に一日が終わってしまうのだ。

 

だからこそ、横浜でデートをする場合はプランニングが何よりも重要なのだ。

 

そこで、これまでに幾度となく横浜でデートをしてきたハマっ子龍太郎が、万人受けするオススメのデートプランを紹介して差し上げよう。

 

これはまだ世に出ていない、万人ウケ必至龍太郎のオリジナル横浜デートスポットだ。

 

ちなみに、デートコースと言っても朝からデートするのか、昼からなのか、夜からなのかによって、そのコースを回れるかどうかは変わってくるので、時間別に紹介していこう

 

 

万人受けコースとは

 

まず、僕の横浜のデートプランも何種類かバリエーションがあるのだが、付き合いたてのカップルで、初めての横浜デートでいきなりマニアックなところに連れていくと、恋人のイメージとのギャップを生んでしまう可能性がある。

 

どういうことかというと、世間一般的に「横浜」と言ってイメージするのは

 

f:id:r9yu25:20160824163236j:plain

 

 

こんな感じだったり

 

 

f:id:r9yu25:20160824163256j:plain

 

 

こんな感じだったり

 

 

f:id:r9yu25:20160824163310j:plain

 

 

こんな感じだったりするのだ。

 

この、いわゆるみなとみらいエリアこそが、「横浜」と聞いて横浜市民以外がイメージする世間一般の共通認識だ。

(余談だが、横浜市民同士で「横浜」と言うと、みなとみらいエリアではなく「横浜駅」を指し、みなとみらいエリアを指すときは「桜木町」と言う。余談だけどな。)

 

だが、他にも横浜には八景島シーパラダイス(金沢区)ベイサイドマリーナ(金沢区)三渓園(本牧)ラーメン博物館(新横浜)など、多くの観光スポット・デートスポットと呼ばれる場所があり、これらの場所はみなとみらいエリアからは結構離れた場所にある。

 

その為、こういった場所にデートにいくと、恋人は

 

え、横浜でデートって言ってたけど、・・・ここ?!

なんか横浜感なくない・・・?!

 

みたいな認識のギャップが生まれてしまう可能性があるのだ。

 

なので、付き合いたてのカップルで、横浜デートが2人にとって1回目であるならば、まずは、ギャップが生じず、かつ万人受けするみなとみらいコースをチョイスしよう。

 

コース概要

 

 

僕が今回提案する、万人受けする横浜のデートコース、それは

 

元町・中華街駅→元町商店街→山下公園→中華街→マリンタワー→大桟橋→赤レンガ倉庫→MARINE&WALK→カップヌードルミュージアム→コスモワールド→クイーンズスクエア→桜木町駅

 

というルートである。

 

異国情緒が楽しめる山手エリアも入れようか迷ったが、ここに寄っているとお昼の時間帯に中華街に付くことが出来ない上に、何気に駅から離れている為、彼女が歩き疲れてしまう可能性がある

 

完璧なデートプランを組むには、相手にストレスを感じさせないということも大事だ。

 

AM10:00

 

丸一日デートをする場合は、みなとみらい線の元町・中華街駅から出発しよう。

 

そして、当然時間はまだ10時なので、元町・中華街で降りて目指すのは中華街ではなく元町エリアだ。

 

f:id:r9yu25:20160824181540j:plain

 

元町商店街は、横浜を代表するファッションの聖地で、1970年代にファッション雑誌JJ等で盛んに取り上げられた「ハマトラ」発祥の地でもある。

 

ちなみに、1946年に横浜で創業したスタージュエリー本店がここ元町にある。

 

ここは是非寄って頂きたい。

 

f:id:r9yu25:20161005234438j:plain

 

なぜなら、ここは本店なので、他の店舗とは異なり、スタージュエリーの歴史や、歴代のスタージュエリーのヒット商品などが展示されており、商品を買わずとも十分楽しむことが可能だからだ。 

 

これはもう喜ばない女の子はいないだろう。

 

ここに来て彼女が

 

えー!これ可愛いー!

 

と言っていれば、その場でクールに買ってあげてもいいし、きちんと商品を覚えておいて記念日等に渡しても、出来る男が演出できる。

 

AM:11:00 

 

元町でキャピついたら、次は山下公園でお散歩タイムだ。

 

お昼前に公園で少し歩き、お腹を空かせて中華街でのランチをより一層楽しもうという作戦だ。

 

f:id:r9yu25:20161006183816j:plain

 

山下公園は、公園とはいってもそこは横浜

 

そのへんの公園とは一線を画す。

 

なんと

 

f:id:r9yu25:20161005234616j:plain

 

ご機嫌に船が停泊しちゃっているのだ。

 

粋だよねぇ・・・。

 

氷川丸は国の重要文化財にも指定されている船で、かの有名なチャップリンも乗ったことで有名だ。

 

高校生までは100円、それ以上は300円で入場できるので、是非とも入っておこう。

 

12:00

さぁ、ランチタイムだ。

 

山下公園からほど近い、中華街へと向かおう。

 

f:id:r9yu25:20161006104902j:plain

 

ちなみに中華街についてから、どこにいこう!なんて探す必要はない。

 

初回の横浜デートならば万人から評価されている店をチョイスしよう。

 

食事する場所に入るときって結構男の決断力みたいなのがはかられるタイミングでもあるのだ。

 

だからここはスムーズに、かつハズレのない店に入ることが求められる。

 

あえて美味しいお店を探したりする必要はない。

 

食べログをはじめ、インターネットで一番高い評価を得ている中華街のお店は聘珍樓(へいちんろう)だ。

 

f:id:r9yu25:20161005234656j:plain

 

横浜市民あるあるに、「横浜市民は実はあまり中華街に行ったことがない」というものがあるが、そんな横浜市民の僕でも行ったことがある有名店。

 

ここは日本に存在する最古の中華料理店と言われている、歴史あるお店だ。

 

下手に隠れた名店を探さず、無難に攻めよう。

 

また、予約をしておけばなおGood。

 

聘珍樓のご予約はこちらからどうぞ。

ぐるなび

ホットペッパー 

 

 

PM13:20

 

時間が13:20スタートなのは

 

「さすがにランチタイムをきっちり1時間で済ませ次の目的地に向かうのはさすがにせっかちすぎるだろう」

 

というハマっ子の心遣いだ。

 

出来る男はプランの段取りも大事だが、心に余裕を持つこともまた重要なのだ。

 

ランチを食べて、ゆっくりお茶でも飲んで、ぶらぶら露店を覗いたりしたら、近くにあるマリンタワーへと向かおう。

 

f:id:r9yu25:20161005234722j:plain

 

元々は灯台としての役割を果たしていた全長106mのマリンタワーだが、現在ではその機能を停止しているため、単なる展望台となっている。

 

マリンタワーは、3階4階には多目的ホールと飲食店があるが、すでにご飯は食べたし多目的ホールは予約していなければ意味がないので、2階のエレベーターでまっすぐ展望フロアへ向かおう

 

また、マリンタワーは展望フロアに行ってみなとみらいを一望するだけなので、30分みておけば余裕。

 

移動に10分見ておけばぴったり14時に次の目的地に付けるだろう。

 

PM14:00

 

さぁ、マリンタワーでお昼の横浜を一望したらお次は大桟橋へ向かうぞ。

 

大桟橋と言えば、外国客船が日本に寄港する際に利用されることが多い国際客船ターミナルの一角を担い、日本では博多港、長崎港に次ぐ第3位の寄港回数を誇るぞ。*1

 

f:id:r9yu25:20161005234925j:plain

 

単なる国際客船ターミナルというだけでなく、大桟橋にはコンサートやイベントを行う大桟橋ホールなどもあるので、イベント情報を確認して日にちが合えば予約してもいいかもね。

 

f:id:r9yu25:20161006000002j:plain

 

で、大桟橋はお金を払わずとも無料でデッキを散歩することが出来るので、彼女と一緒に横浜の海の潮風を楽しみながらベイブリッジを眺めるのも悪くない。

 

f:id:r9yu25:20161006000237j:plain

 

反対側はこんな感じでみなとみらいエリアが一望できる。

 

ちなみに余談だけど、大桟橋は日の出が見れるので、大晦日にコスモワールドで行われるカウントダウンの花火を見たあとに、野毛でお酒を飲んで時間を潰し、朝方に大桟橋に初日の出を見にくるというのが最強のルート。

 

PM15:00

大桟橋の次は、横浜デートの王道、赤レンガ倉庫に向かおう。

 

f:id:r9yu25:20161006111644j:plain

 

ちなみに、赤レンガ倉庫は横浜で有名なお土産ほぼ全てを網羅しているので、お土産を買って帰りたいという人は間違いなく赤レンガ倉庫に寄ろう。

 

関連:ハマっ子がオススメする横浜のお土産6選+番外編 - 横浜と生きる。

 

また、赤レンガ倉庫はとんでもない確率で何かしらのイベントをやっている。

 

クラブっぽい感じで大音量でR&Bやヒップホップの音楽をかけたり、夏は常夏のビーチみたいな仕様になったり、ドイツのビール祭りみたいなイベントを開催したり、ピカチュウがステージの上で踊り狂ったり。

 

f:id:r9yu25:20161006001836j:plain

 

とにかく、かなりの高確率でイベントをやっているので、フラっと立ち寄ればほぼ楽しめることは約束されている。

 

食事や買い物をしなくても楽しめる、それが赤レンガ倉庫だ。

 

f:id:r9yu25:20161006111842j:plain

 

また、もし赤レンガ倉庫でお茶をするならアップルパイ専門店のGRANNY SMITH(グラニースミス)を激しくオススメする。

 

青山銀座にもある名店で、アーモンドチョコレートアップルパイが最高にうまい。

 

スイーツが好きな女の子なら間違いなく連れてこよう。

 

▼GRANNY SMITH(グラニースミス)ご予約はこちらからどうぞ。

ホットペッパー

ぐるなび

 

PM16:00

赤レンガ倉庫のすぐ横にある、2016年3月に出来たばかりの商業施設MARINE&WALK(マリンアンドウォーク)にも寄っておこう。

 

f:id:r9yu25:20161006002359j:plain

 

MARINE&WALKには、その辺の商業施設やアウトレットにあるような超メジャーなお店ではなく、どちらかと言えばちょっとマイナーでオシャレなお店が多い。

 

しかも、MARINE&WALKは女性向けのお店が多いので、女の子がここに来ればほぼ間違いなく楽しんでもらえるだろう。

 

ちなみに、もしここに来てお腹が空いていたとしたら、是非ともPie Holicに寄って欲しい。

 

f:id:r9yu25:20161006004627j:plain

 

MARINE&WALKのパイホリックは国内記念すべき1号店で、ロサンゼルスサンフランシスコで親しまれてスイーツパイや惣菜パイをありえへんくらいのバリエーションで提供してくれるお店だ。

 

パイと言って喜ばない女の子はいないだろう。

 

ちなみに17時まではパイの食べ放題コースがあるので、立ち寄った際はお試しあれ。

 

Pie Holicのご予約はこちらからどうぞ。

ぐるなび

ホットペッパー 

 

PM17:00

 

気になるあの子と、一緒に横浜に遊びに来た思い出を持ち帰りたいなら間違いなくカップヌードルミュージアムに寄ろう。

 

f:id:r9yu25:20161006014459j:plain

 

ここカップヌードルミュージアムでは、容器から中身の具材まで完全にオリジナルのカップヌードルが作れるので、気になるあの子と一緒に共同作業が出来てしまう上、一緒に作ったオリジナルのカップヌードルと共に横浜の思い出を持ち帰ってもらうことが出来る。

 

そして、お相手の子が家でそのカップヌードルを食べて容器を捨てるまで、その日の横浜デートのことを思いだすのだ。

 

そんな最強の心理作戦が実行出来てしまうデートスポット、それがカップヌードルミュージアムだ。

 

寄るしかないよな?

 

PM18:00

 

あたりも暗くなってきた。

 

ここからが横浜みなとみらいの本領発揮だ。

 

この時間帯になったら横浜の象徴、例の時計の観覧車コスモクロックがある、コスモワールドへ向かおう。

 

f:id:r9yu25:20161006015145j:plain

 

コスモワールドはカップヌードルミュージアムを出て目と鼻の先にある。

 

乗り物はたくさんあるけど、まぁお相手と初の横浜デートならコスモクロックに乗りたいところだ。

 

もし横浜デートで告白、あるいはプロポーズをぶっこんでやろうと企んでるならコスモクロックの中でやろう。

 

コスモクロックでの告白・プロポーズ成功率は他の遊園地の観覧車の約1.3倍高い(当ブログ比)

 

あとは、お相手の子がサブカル系の女子なら

 

f:id:r9yu25:20161006015326j:plain

 

SEKAI NO OWARIの炎と森のカーニバル

 

「横浜にある~遊園地の~コスモパニックの非常口~♪」

 

でお馴染み、コスモパニックでパニパニするのもオススメだ。

 

全面鏡張りの部屋にぶち込まれ、不思議体験が出来る体験型アトラクションだ。

 

こういう非日常感が味わえる体験型アトラクションは、一種の吊り橋効果みたいなのが発生するので、気になるあの子を射止めるには非常に効果的なアトラクション。

 

 PM19:00

 

散々歩いて散々遊んで疲れたところでディナーにしようか。

 

成人している人はもちろんディナーのタイミングでアルコールをひっかけたいところ。

 

さて、どこで飯を食おうか。

 

ディナーは食後のアクションをどう展開するかにだいぶ影響してくるので慎重に選びたいところ。

 

まず、コレットマーレは、コスモワールドから離れてしまうので若干夜景の迫力が薄くなりオススメしない。

 

また、マークイズは夜景力がとびぬけて弱いのでディナーではオススメしない。

 

僕は、コスモワールドの夜景がばっちり見えるクイーンズスクエアか、高級感あふれる横浜ベイホテル東急あたりがオススメする。

 

まず、お金のない学生たちにオススメなのがクイーンズスクエア

 

f:id:r9yu25:20161006020758j:plain

 

お金がない分、コスモワールドの夜景を装備して攻撃力を高めよう

 

クイーンズスクエアの中でも、完全に座席がコスモワールド方向を向いている美食米門がオススメ。

 

予算はコースで4000円~5000円で考えておけばOK。

 

コスモワールドの夜景がこれだけの至近距離で見れて、なおかつこの価格帯のお店は滅多にない。

 

美食米門予約はこちらからどうぞ

ホットペッパー

ぐるなび

 

次に、お金のある社会人は横浜ベイホテル東急をチョイスしよう。

 

僕が特にオススメするのが

 

f:id:r9yu25:20161006021341j:plain

 

3階にあるクイーン・アリスだ。

 

フレンチって聞くとめちゃくちゃフォーマルでカチッと決まった雰囲気があると思うでしょ?

 

ここはそういうありきたりなフレンチのレストランではないのだよ。

 

不思議の国のアリスに登場しそうなくらいメルヘンチックな店内で、はっきり言って女の子ウケは抜群だ。

 

出来る男はストレートだけでなく変化球も投げれる。

 

そんな演出が出来るクイーン・アリス、オススメだよね。

 

クイーン・アリスのご予約はこちらからどうぞ

ホットペッパー

ぐるなび

 

ホテル

ん?

 

まさか帰ろうとしているのか?

 

バッカモーン!!!

 

せっかくみなとみらいに来てムードが出てきてるのに帰っちゃうなんてバカモン過ぎるぞ!

 

みなとみらいにはオシャレなホテルが2つもあるんだ。

 

サラッとそこへと導いていくのが出来る男というもの。

 

せっかく横浜にデートしにきたのにホテルに泊まらずにそのまま真っすぐ帰るなんて、香川に行ってうどん食べずに帰るようなもんだぞ。

 

悪いこと言わないから横浜のデートで出来る男を演出したいならホテルだけは予約しておけ

 

ロイヤルパークホテル

 

 

言わずと知れた横浜のアイコン、ランドマークタワーの52階以上に客室が設けられたロイヤルパークホテル。

 

圧倒的な高さから港町横浜を見下ろすことが出来るので

 

「ちょっと今日は遅いし泊まっていこうか」

 

といって

 

そういう系ホテルなの・・・?

そういう系のホテルなの・・・?!

 

と動揺する女の子はランドマークタワーの麓に立ちすくし

 

ヤダ・・・抱いて・・・!

 

となる確率は82%だ。(龍太郎調べ)

 

ちなみにロイヤルパークホテルにはフィットネス・屋内プール・バーなど、女の子が小躍りする施設はすべて用意されている。

 

チェックアウトも11時(時期により変わる可能性あり)までと、標準的なホテルよりかは1時間ほどゆっくり出来るゾ。

 

ちなみにクリスマスシーズンは圧倒的競争率なので、予約するならお早めにどうぞ。

 

インターコンチネンタルホテル

 

 

横浜の"ヨットの形してるホテル"でお馴染み、インターコンチネンタルホテル

 

ロイヤルパークホテルと双璧を成す、横浜を代表するホテルだ。

 

横浜に点在するその他のホテルとの大きな違いは、何と言ってもありえへんレベルのウォーターフロント

 

ベイブリッジ横浜の海が一望できるという贅沢。

 

彼女とのデートの帰りに

 

「ちょっとホテル泊まってこうか?」

 

と言って、サラっとインターコンチネンタルホテルに連れてきてみよう。

 

翌朝、彼女は84%の確率でゼクシィを買って帰るはずだ。(龍太郎調べ)

 

また、インターコンチネンタルホテルも、ロイヤルパークホテル同様クリスマスシーズンは尋常じゃない競争率を誇るので、ご予約はお早めに。

 

最後に

 

こんな感じかな。

 

横浜でデートをする際は、是非とも参考にしてくれたまえ。