RYULOG

浜龍がアフィリエイトの息抜きに書くブログ

ハマっ子が紹介する横浜名物「崎陽軒のシウマイ」

 

今回ハマっ子が紹介する横浜名物はこちら

 

 

 

f:id:r9yu25:20160805173950j:plain

 

 

崎陽軒のシウマイである。

横浜名物 崎陽軒のシウマイ

 

 

崎陽軒のシウマイは、1900年代初頭、横浜に名物がなかった時代に崎陽軒の初代社長が

 

「横浜に名物を作ろう」

 

と考えて生み出された商品。

 

 

そう、崎陽軒のシウマイは横浜名物界のパイオニアなのだ。

 

 

"冷めても美味しい"というのが崎陽軒のシウマイ最大の売りだ。

 

 

f:id:r9yu25:20160805195649j:plain

 

 

崎陽軒のシウマイと言っても、実は色々な種類がある。

 

今回は昔ながらのシウマイとその愉快な仲間たちもあわせて紹介させていただこう。

 

 

 

お土産

 

崎陽軒のシウマイにも色々と種類があるが、通常のシウマイは製造から17時間に食べなければならないので、お土産として買うのには少し現実的ではない。

 

おいしさ長持ちシリーズ

 

なので、お土産でシウマイを買う場合は「おいしさ長もちシリーズ」を買おう。

 

 

f:id:r9yu25:20160805175937j:plain

 

おいしさ長持ちシリーズはこのように真空パックに入っており、賞味期限はむかしながらのシウマイだけが製造より15日で、それ以外のおいしさ長もちシリーズはすべて11日間だ。

 

横浜旅行から帰ってきてすぐに知人に渡しても十分余裕があるだろう。

 

ちなみに電子レンジで温める場合は真空パックごとぶち込んで1分~1分30秒

蒸し器で蒸して食べる場合は袋から出して7分だ。

 

冷めても美味しいのが崎陽軒のシウマイだが、温めればさらにおいしい。

家で食べる場合は是非温めて食べて欲しい。

 

昔ながらのシウマイ

 

f:id:r9yu25:20160805174917j:plain

 

 

こちらがお馴染み、「昔ながらのシウマイ」である。

 

 

24個入りで980円(税込)だ。

 

 

f:id:r9yu25:20160805180550j:plain

 

 

6個入りの真空パックが4袋。

 

1日6個を4日に分けて食べられる。

 

贅沢な4日間になりそうだ。

 

それでは早速、昔ながらのシウマイ。

 

開いちゃいましょうか。

 

f:id:r9yu25:20160805180752j:plain

 

昭和三年以来変わらぬおいしさを日本中、否、世界中に届けしている昔ながらシウマイの勇ましい裸体、ご覧いただけただろうか。

 

「俺が横浜の歴史を作ってきた」

 

むかしながらのシウマイには、そんなオーラすら感じるのだ。

 

 

f:id:r9yu25:20160805181019j:plain

 

(塩、砂糖、胡椒以外の調味料は一切使われていないから、国産豚肉、さらにオホーツク海産の干帆立貝柱、それぞれの素材の旨味がしっかりと生かされている、粋だねぇ・・・。)

 

 

食べた瞬間、港町横浜の船の汽笛が、潮風が、寄せては返す波の音が押し寄せてくる、そんな気すらさせる。

 

 

昔ながらのシウマイ、時代と共に変わりゆく横浜の姿を、変わらぬおいしさで見守ってきた名物だ。

 

えびシウマイ

 

f:id:r9yu25:20160805175256j:plain

 

こちらがおいしさ長持ちシリーズ「えびシウマイ」。

 

6個入りで720円(税込)だ。

 

 

f:id:r9yu25:20160805182638j:plain

 

見てこれ。

 

こんなに贅沢にえびがふんだんにぶち込んであるの。

 

 

f:id:r9yu25:20160805184523j:plain

 

えびプリップリじゃねぇかよ。

 

もうね、口の中でエビが軽やかに踊りまわるのよ。

 

プリップリ。

 

だらしねぇ歯ごたえしやがって・・・。

 

かにシウマイ

 

f:id:r9yu25:20160805175334j:plain

 

こちらがおいしさ長もちシリーズ「かにシウマイ」

 

6個入り700円(税込)。

 

 

崎陽軒さん、やっちゃったね。

 

 

青山シウマイ feat カニ / 「かにがいるね」。

 

 

f:id:r9yu25:20160805185012j:plain

 

 

所せましとちりばめられるカニ。

 

ふんだんに盛り込まれたカニ。

 

 

f:id:r9yu25:20160805185743j:plain

 

(これもうカニだよね。カニメイン。カニ feat シウマイだわ。)

 

黒豚シウマイ

 

f:id:r9yu25:20160805175457j:plain

 

こちらがおいしさ長もちシリーズ「黒豚シウマイ」。

 

6個入り650円(税込)

 

 

ちなみにこの黒豚シウマイ、崎陽軒のシウマイの常識をぶっ壊しやがった革命児。

 

通常シウマイはからしと醤油で食べるんだけども、この黒豚シウマイは

 

「ポン酢」

 

で食べるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:r9yu25:20160805204655j:plain

 

 「ってオイオイオイオイオーイ!!!!!

ポン酢ゥー!!!!

からしじゃなくてポン酢ゥー!!!!!!!」

 

 

動揺を隠せないハマっ子はま龍。

 

 

f:id:r9yu25:20160805190110j:plain

 

黒胡椒がパラパラとまぶしてある。

 

 

f:id:r9yu25:20160805191342j:plain

 

恐る恐るポン酢を入れ、食す。

 

 

f:id:r9yu25:20160805191435j:plain

 

 

(粗挽きと細挽きの黒豚がブレンドされており、軟らかく、かつジューシーに仕上がっている・・・。さらに黒胡椒が黒豚の旨味を引き立て、ポン酢がさっぱりしたアクセントになっている。

 

これはとんでもねぇ革命児だ・・・!)

 

 

醤油とからしだけじゃない、そんなアグレッシブな崎陽軒の姿勢を感じることが出来る一品だ。

 

特製シウマイ

 

f:id:r9yu25:20160805175403j:plain

 

 

こちらはおいしさ長もちシリーズ「特製シウマイ」である。

 

昔ながらのシウマイのプレミアムラインみたいなところだ。

 

12個入りで1,300円(税込)と、少々お値段は高めだ。

 

しかし、味は僕が保証しよう。

 

f:id:r9yu25:20160805192131j:plain

 

通常の「昔ながらのシウマイ」に比べて干帆立貝柱が多く入っているのだ。

 

贅沢過ぎんよー・・・。

 

f:id:r9yu25:20160805192651j:plain

 

 

(国産豚肉と干帆立貝柱はもちろん、塩、砂糖、胡椒のみで味付けされてるから素材の旨味がそのまま生かされている・・・。通常の昔ながらのシウマイよりもコクがある・・・。溜息すら出る王者の風格だ。プレミアム、極めてプレミアム。)

 

いかシウマイ(期間限定)

 

f:id:r9yu25:20160805175531j:plain

 

こちらは夏季限定の「いかシウマイ」だ。

 

ちなみにこのいかシウマイも、黒豚シウマイ同様からし醤油では食べない。

 

 

f:id:r9yu25:20160805193209j:plain

 

 

わさび醤油で食べるのだ。

 

 

さらに、こちらは温めずに冷たいまま食べるのがオススメとのこと。

 

わさび醤油、さらに冷やして食べる。

 

攻めて攻めて攻めまくる崎陽軒

 

 

アッパレだよ。

 

 

f:id:r9yu25:20160805194932j:plain

 

 

こちらのわさび醤油

 

 

f:id:r9yu25:20160805194954j:plain

 

 

オジャマシマース

 

 

f:id:r9yu25:20160805195026j:plain

 

 

(美味しいんだろうね、えぇ?)

 

 

f:id:r9yu25:20160805195110j:plain

 

(んー!!ウマいんだよなぁ・・・!紋甲いかの甘みと旬の枝豆、そして風味のきいた昆布だし。わさびがツンとして良いアクセントに・・・。これはからしじゃなくてわさびが正解だわ・・・。ビールも捗るゥー!)

 

 

ちなみにいかシウマイは期間限定で、おいしさ長もちシリーズではないので真空パックに入っていない。

 

なので、是非とも自分で味わって頂きたい。(8月31日までの期間限定だ!急げ!)

 

最後に

 

いかがであっただろうか。

 

崎陽軒のシウマイは、横浜の宝である。

 

是非とも横浜に来たら、おみやげでもいいし自分で食べてもいい。

 

横浜の宝を食べて、色々な人に横浜の歴史を感じて頂きたい。

 

shopping.kiyoken.com

 

↑ネットでも買えるぞ!(PC用)

 

崎陽軒 通信販売(スマートフォン)

 

スマホ用だぞ!